2018年10月04日

ウェッジウッド(Wedgwood) パラディアン クリーマー



外部装飾が小さくシンプルな中に美を追求したネオクラシカル建築より想を得た「パラディアン」シリーズ

ブランド名 ウェッジウッド(イギリス)
シリーズ名 パラディアン
オプション ラッピング
サイズ 横幅10.5×奥行き6.2×高さ8.5cm

ネオクラシカル建築より想を得た「パラディアン」シリーズは、上質な贅沢を感じさせる、スタイリッシュなテーブルウェアです。
16世紀のイタリア ルネッサンス期の建築家アンドレア・パラディオ氏によって構築された、優美なネオクラシックスタイルのインテリアや建築「パラディオ様式」より想を得てた「パラディアン」。古代ローマ建築を研究し、シンメトリーを基本とする様式を重んじた彼のデザインは、18世紀のウェッジウッドのデザインにも大きな影響を与えました。そのパラディオ様式の特徴でもある高く細い円柱のデザインに由来するストライプを、メタリックなアースカラーや濃厚なオレンジでアクセントをつけたプレートは、佇まいのいいクラシックさを感じさせながらもモダンな雰囲気が漂います。
※ネオクラシカル様式は、ローマ、ギリシャ時代の建物の一部を取り入れた18世紀〜19世紀にフランスを中心に流行した様式です。ゴシック様式と比べると外部装飾が小さく、シンプルな中に美を追求しています。ファサードデザイン(最も目に付く場所で重要視される、建築物の正面デザイン)の中心に、ローマ建築でよく見られる伝統的な柱を採用し、建物全体の対称形にこだわり全体的にギリシャ様式を取り入れているところに特徴があります。

posted by hitomi at 18:19| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: